ひよっこ建築士のマイホームブログ

こだわりの暮らしをローコストで

あこがれの平屋生活!我が家が平屋にする3つの理由

20代の2級建築士が自分自身で設計監理した

マイホームに関するあれこれを書き綴っています。

f:id:hiyokko-my:20200209140902j:plain

 

皆さんは平屋に対してどんなイメージがありますか?

終の住処といえば「平屋(ひらや)」

なんとなく、そんな感じがするかと思います。

 

平屋とは1層の建築物の事を指し、「1階建て」とも呼ばれます。

 

平屋でのスローライフな暮らしには常に一定数の人気があり、憧れている方はもちろん、平屋にするかどうか決めかねている方も多いのではないでしょうか。

 

 我が家は、平屋で建てることにしました。

 

平屋のメリットってなに?デメリットは?防犯性は大丈夫?など、気になるところがあるかと思いますが

 

今回は、我が家が平屋で建てることに決めた3つの理由をご紹介します。

 

 

 是非あなたの家づくりの参考にしてみてください!

 

 

 

 

01.間取りが自由

f:id:hiyokko-my:20200209141113j:plain

 

 

壁の中には必ず柱が入っています。

 

2階建て以上の場合、大きな部屋の上に小さな部屋があると、大きな面積(空間)で、たくさんの柱を支えなければいけなくなります。

 

それでは構造的に不安定になってしまうので、2階建ての場合は上下階で柱や壁の位置のバランスを取らなければいけません。

よって、間取りが制限されやすいというわけです。

 

また、1階と2階の広さが極端に違う場合、外壁の面積が増加(=コストアップ)したり、構造的に無理をしなければいけないかもしれません。

 

しかし平屋の場合、上階がないので構造によって間取りが左右されることが少なく、自分のライフスタイルに合った間取りが比較的自由に選択できるということです。

 

その上、単位面積当たりの建物の重量も少なくなるため、耐震性に優れています。

 

大部屋が作りやすく、建物の形状も自由が利きやすいので、2階建てのハウスメーカー住宅とは一線を画した雰囲気を出すこともできるでしょう。

 

 

 自由度が高いので、設計していて楽しいです。

 

 

02.バリアフリーである

f:id:hiyokko-my:20200209144555j:plain

2階建て以上の場合、上下階を行き来するために階段が必要になります。

 

高齢になると、階段の上り下りが大変になったり、もしくは2階を全く使わなくなってしまうこともあります。

また、踏み外して怪我をするリスクは、高齢者に限らず誰にでもあります。

 

しかし平屋の場合は階段を作らなくて良いので、高齢になっても安心して住むことが出来ます。

バリアフリーの観点から考えると、平屋はものすごく優れています。

 

また、階段を作るのにも建築コストと面積が必要になります。

ただの上り下りの機能にそれらを費やすより、生活空間として利用することが出来ますので、メリットとして大きなポイントだと言えます。

 

階段を作らなくてよいメリットはそれだけではありません。

 

バリアフリーであるがゆえに、掃除が楽になります。

我が家は賃貸暮らしの現在でも、ルンバ(ロボット掃除機)が活躍しています。

段差のない平屋にすれば、ルンバ一つで床掃除はほぼ済みます。

 

それから、階段が必要ないうえに、間取りを効率よく配置することが出来るため、生活動線・家事動線が短くなります

効率よく日々の生活を送ることが出来ます。

 

 

 部活帰りで階段を上るの、しんどかったなぁ...(3階でしたが)

 

 

03.メンテナンスが楽

f:id:hiyokko-my:20200209151634j:plain


建物が完成してから数年後以降の話になりますが、建物は定期的にメンテナンスする必要があります。

 

平屋は建物の高さが低いため、劣化などのチェックが目視で行える部分が多くなります。

また、外壁の塗装や補修などの工事が必要になった場合でも、高い足場を組まなくても良いため、工事費用が抑えられます。

 

建物自体の構造もシンプルなことが多く、工事や点検が複雑になりにくいのも嬉しいですね。

 

メンテナンスは意外とお金が掛かりますので、コスト削減できるのは大きなメリットです。

 

 

まとめ

間取りが自由・バリアフリー・メンテナンスが楽といった3つのメリットをご紹介しました。

メリットに関連した細かいメリットもありましたので、実質3つ以上ありますが(笑)

 

デメリットとしては、防犯性の低さや採光の取りにくさなどが挙げられます。

しかしどれも設計や設備(防犯カメラ等)でカバーできるものばかりですので、問題ないかと思います。

 

家族とのコミュニケーションが図りやすいというメリットもありますが、デメリットと捉えることもできますので、あえてご紹介しませんでした。

うちにとっては、その点はメリットと感じています。

 

以上の理由から、我が家は平屋で決定しました。

次の記事では、我が家がLDKを24畳にした理由についてご紹介したいと思います。

こちらもぜひ参考にしてみてください。